歩行者の保護義務

Ð0é00Á0å0ü0ê0Ã0×00¬0ü0Ù0é00«0é0ü00¢0Í0â0Í0j0i00±‚n0cd0JŒK0j0hˆÅ`„0r‚i_Ž’0ÎS2“0自動車の運転に関しては、常に道路交通法を守ることが必要とされているのですが、その中には歩行者に関連する内容を持っているものがあり、道路上では非常に大切な項目とされています。基本的には全ての道路において、前方確認をしっかりと行うことが前提とされていることもあって、道路を歩行している人物だけではなく、他の車両に関しても配慮しなければならない部分とされています。また、人に対しては特に重要な項目が設定されていて、その中には横断歩道に関する内容が含まれています。自動車の運転者は人が安全に横断歩道を渡ることを保護する義務が生じていることによって、たとえ信号機が青であっても、右左折などを行う際に道路上の横断歩道を渡ろうとしている人物がいる状況では、一旦停止を行って、横断歩道を渡り切ってから自動車を発進させることが基本とされています。同じように信号機が設置されていない道路であっても、横断歩道の標識が設置されており、道路上にも白線が敷かれている道路などでは、歩行する方が存在している場合では、自動車を停車させて人を優先的に保護を行うことが前提とされています。その他の道路上でも常に前方確認をしっかりと行うことによって、余計な事故を無くすことができます。