サスペンションの種類と形式

サスペンションとは、路面からの衝撃を吸収するためにタイヤとボディの間に取り付けられる装置のことで、車の安定性や乗り心地などを決めるものなので、車種によってその種類や形式も異なります。

 
固定車軸方式またはリジットアクスルタイプという種類は、左右のタイヤと1本の軸で繋がっているもので、コストが掛からないというメリットがあります。一般的にトラックなどにつけられている装置ですが、乗り心地などはあまり良くないというデメリットもあります。

 
インディペンデントタイプのものは、独立して左右の車輪が取り付けられているために、接地性や乗り心地が良いのが特徴です。このタイプには、最も多く自動車に使われていたというマクファーソンストラット式や、F1などに多く採用されているダブルウィッシュボーン式、FF車やFR車によく使われているマルチリンク式、小型のFF車に使われているトーションビーム式などがあります。

 
普通自動車やF1車や大型車などによって、求められる性能は異なるので、その車種に応じた種類のものが取り付けられます。また、ダブルウィッシュボーン式などは性能が良い分コストが掛かる面もあったり、種類によっては乗り心地だけではなく見栄えなども変化します。

 

josei015

コメントは受け付けていません。