ハロゲンバルブ

 

josei015

 

 

私たちが車を運転する際にはライトを点灯させることが必ずあるものです。特に法律でも定められていることで、一般的にも普通になされていることではありますが、夜間に道路を通行する際にはライトを点灯しなければならないことになっています。このライトを点灯することによって行く先を照らすことはもちろんのこと、向こうからやって来る対向車などの相手側に自車の存在をアピールするような役割もあるのです。そうすることで交通事故を未然に防ぐことができるようになっています。

 
ライトと言いましても、車にはたくさんのライトが装備されています。通常、ライトと言いますとみなさんでしたらどのようなものを思い浮かべるでしょうか。きっと多くの方がヘッドライトを思い浮かべることでしょう。もちろんそれはそうなのですが、例えばブレーキランプや方向指示器なんかも立派なライトとして考えられているものになるのです。それら全てが危険防止のために役に立っているということになります。

 
その中でも特にヘッドライトが道路を照らす役割を果しているものです。通常はハロゲンバルブが使用されています。ハロゲンとは電球の中に含まれるガスの名前です。このバルブは安価で、効率的かつ安定的に光量を放つ効果があることから、多くの車に採用されているランプなのです。

コメントは受け付けていません。