ショックアブソーバー

josei015

 

 

サスペンションはスプリングとショックアブソーバーで構成されていますが、単純にショックまたはダンパーと呼ばれることが多くなります。

 

ダンパーは衝撃を振動を減衰する装置として使用されていますが、同時に減衰力を変化させることで乗り心地やサスペンションの性能を変えることが可能です。車高を下げる場合には短いスプリングとダンパーを使用しますが、短くなる分ストロークが不足するために固いサスペンションとなるのが普通です。逆に長いスプリングとダンパーを使用すれば車高を上げることとストローク量を確保できるために柔らかいサスペンションとすることが可能です。ダンパーとスプリングを短くすると大きな段差を乗り越えた際に、ダンパーの底つきを起こしやすくなります。この問題を解消するのが車高調整式のダンパーとなるのです。

 

ダンパーの長さを変えずに減衰力を変化させることが可能ですので、サスペンションの性能を落とさずに車高を調整することが可能です。

 

ダンパーには複筒式と単筒式がありますが、それぞれに特性や価格が異なるため車種に合った選択が必要となります。また車高調整式のサスペンションは高性能な分価格も高くなりますので、用途や費用対効果も重要な部分となってくるのです。

コメントは受け付けていません。